2005年02月28日

平成の大合併っつって色々あんだわ

新「佐野市」が発足 「平成の大合併」県内2番目

佐野市田沼町葛生町(全て旧URL)が対等(新設)合併して、今日から「新 佐野市」っつってスタートしたんだってよ。
これで「平成の大合併」として、那須塩原市に次いで県内2番目の都市が生まれたんさ。
人口は約127,000人になって、宇都宮 → 足利 → 小山 に次いで県内第4の都市になったんだっつうんだわ。

そんでもういっちょ合併関連なんだきっと、

「5市町村合併」を選択 日光市の2度目の住民投票

日光広域5市町村(日光市今市市足尾町栗山村藤原町)が合併すんのはどうだべ?っつう住民投票が2月27日に行われたんだと。
結果、
 賛 成 : 7,150票
 反 対 : 2,520票
 投票率 : 67.44%
っつって賛成票が有効投票の7割を超えたんだと。

そんなこんなで先週末は激動の栃木県だったんだきっと、日曜日には栃木県青年会館コンセーレこんなコトも行われていたんだと。

下野新聞より


<参考>
佐野市・田沼町・葛生町合併協議会
日光地区合併協議会
posted by よっつん at 12:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

とちぎ健康21プランより

おめさんたちモニターにかじりついてばっかりいっと体に悪いよ。
ほれ、行政のホームページにこんなのがあったから、ちぃっと外歩いてきな。

とちぎ健康1万歩マップ

県内市区町村の散歩・散策コースが丁寧に載ってっぺよ。
散歩がてらいろんなトコを見て回んのもオツだべ。大体どのコースも1万歩前後になってっと思うから。

そんで帰りに新鮮な野菜でも買ってきたっくれ、ついでに美味いモン作れるっつうレシピも載ってっから。

とちぎ健康料理

コレは何かっつうと、トマトとかニラとかネギとかキュウリとかナスとか、県産品の野菜を使って作る「とちぎの健康料理」っつうコンクールの入賞作品なんだってよ。
いくら美味いからって晩酌なんかすんなよ。少し生活習慣を見直せ。→オレ。

とちぎ健康21プランより
posted by よっつん at 16:25| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

方言比較 小山市 VS 黒羽町

栃木弁 県南県北比較 ふるさと日本のことばより

県南代表 小山市  県北代表 黒羽町

っつって日常のワンカットから県南と県北でどんだけ方言が違うかを見てみんべっつうページなんさ。
もちろん文字だけなんだきっと、これがけっこう分かんだわ。

その“日常のワンカット”っつうのがローカル感溢れててな。なんつーか心の情景っつうかな、もうモニターから哀愁が漂ってくるんだよ。読み進めてったっくれ、思わず「は〜 そうけ」なんて心の中で相槌うっちゃーから。
posted by よっつん at 19:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県民性ワールド モバイル版

県民性ワールド モバイル版

以前の記事でこのサイトのPCコンテンツをとりあげたんだきっと、そのモバイル版もあったんだわ。
PC版とおんなじっくらい内容も充実してて、県別相性占いとかも健在なんさ。
っつうコトで、これからは公園でも電車の中でも気になるあの人との相性を占ってニヤニヤしてくろ。

携帯へアドレスを送る
posted by よっつん at 12:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

栃木のお酒 ― 四季桜

酒っつうのは銘柄の中で色々バリエーションがあっぺな。吟醸とか大吟醸とかな。
で、栃木の地酒に“四季桜”(宇都宮酒造株式会社)っつうのがあるんだきっとが、これがまたケッコウな銘酒なんだよ。

そのラインナップの中でも、

四季桜 万葉聖(大吟醸)
 JAL国際線ファーストクラス機内酒( 平成3年より 3月〜5月 )

四季桜 はなのえん(特別純米)
 日経ビジネス 地酒ベスト10 第1位

四季桜 はつはな(特別本醸造)
 日経ビジネス 地酒ベスト10 第2位

こぉんなのがあるんだわ。
中でも“万葉聖”は毎年11月に発売される限定品で、万葉集の大伴旅人(おおとものたびと)の歌
「酒の名を聖とおほせし いにしへの 大き聖の言のよろしさ」
から命名されてるっつう雅な酒なんさ。

地酒ベスト10もワンツーフィニッシュね。

<参考>
栃木の地酒 四季桜山仁酒店より
宇都宮酒造 四季桜たておか商店WEBサイトより
posted by よっつん at 13:08| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

全国都道府県のシンボルを見てみっぺ

都道府県 花・木・鳥・獣・魚・歌 一覧
都道府県章 一覧
全国知事会ホームページより

ちょっと全国に目を向けてみっぺ。
全国都道府県別の県章とか県獣とか県民の歌とかののリンクページがあんだよ。ここのリンクをクリックしたっくれ、それぞれの都道府県公式ページの紹介ページにとぶんさ。

上の県章一覧みてたっくれ、栃木県章っちゃちぃっとごつくねえけ?なんて疑問も浮かぶんだきっと、それはそれでいかんべ。
posted by よっつん at 13:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

トラックバック : おとめミルクの季節 at オオガミストBlog 渡辺雑記

おとめミルクの季節

寒いときに食うアイスっつうのがまたイイんだよね。
栃木には12月〜6月の苺の季節限定ジェラートがあって、ミルクジェラートに栃木の名産「とちおとめ」の果肉を混ぜ合わせたなんとも贅沢なご奉仕なんだわ。

ドコに行けば食えるかっつうと、
道の駅 もてぎ
道の駅 どまんなかたぬま
この2つの道の駅で販売してて、「このおいしさはフォーエバー」なんだっつううんだわ。
posted by よっつん at 14:32| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇都宮 ユニオン通り商店街 Blog

ユニオン通り商店街

県民の大部分が青春時代に足を運ぶ、一説によると“栃木の裏原宿”っつって誰かが呼んでた「ユニオン通り」のブログがあるんさ。
まだ公開して間もないみてえで、ボリュームはちっと少ないんだきっと、イベント紹介とかやってるみてえだから要チェックだべ。
posted by よっつん at 14:06| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

佐野ネタつづき ― 佐野かるた

佐野かるたさのっ子情報局より

記事的に 「ラーメン」 → 「ラーメン & 佐野」 → 「佐野」 っつって続いたんでちょっと気分がいいです。
ボーリングでターキー出した気分。人生で1〜2回しかねえきっともが。

この“佐野カルタ”っつうのは、1983年に佐野市子供会育成会連絡協議会っつうトコが、佐野の名所や歴史・年間行事、ゆかりの人物等を紹介するために作ったんだと。
オレも一部しか理解できねえきっと、風流なモンだべ。

続きを読む
posted by よっつん at 18:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻のラーメン

佐野 幻のラーメンのサイト
http://www.ryomonet.co.jp/maborosi/

ここは佐野のラーメン屋さんのサイトなんだわ。
開いてみたっくれまず目に付くのが、サイトの中に所狭しと並べられる店主の論評とかなんだきっと、世評コラムから、本当の佐野ラーメンとは何ぞやとか、とにかく色々あんだわ。
曰く「お知らせしたい事は無限にあります」っつうくらい、ホントどこから目を付けていいのか分からねえんほど。
ツッコミ所も多々あって、もう何から言っていいのか分かんねえんだきっとっが、それはご自分の目で確認してくださいっつって省いてみる。

 ・
 ・

そんだきっともな、こんな作りのサイトでもな、それでも店主のラーメン道っつうのが伝わってくっから、こりゃぁサイトデザインっちゃ何かっつうコトを考えずにはいられねえんさ。

そんで肝心の味なんだきっと、オレはココの店に行ったコトがねえから色々とググってみたんだわ。
そしたっくれ、けっこう有名な店みたいで、レポがまたけっこうあるんだきっとっが、

レポ 其の1
レポ 其の2

けっこう上々な評価されてんべ。
変な店には変わりねえんだきっと、さすがに「本物の佐野ラーメン」を謳ってるだけあってラーメンに妥協は無いっぽい。
どうだべ。
サイトに気圧されせずに店の暖簾をくぐってみっと、良いラーメンな予感。

だきっと、

正直、論評は別サイトを立ててやっくれたほうが、もっと行き易い店になると思うんだきっと。

( 情報提供 : 渡辺天和斎さん )
posted by よっつん at 17:45| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

ご当地ラーメン占い

ご当地ラーメン占い

なるものがあって、生年月日を入力すれば占えるお手軽なモノなんさ。
栃木っ子なら佐野ラーメン狙っていくべっつうコトで挑戦してみっと・・・

続きを読む
posted by よっつん at 18:01| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木弁会話 Part 26

栃木弁会話26まいぷれ那須より

毎度思うコトなんだきっと、コレを読んでたっくれ栃木弁に想いを馳せ得るだけじゃなくって、田舎の人の人間味を感じられっからイイんだよな。
誰でも持ってるモンだきっと、人情っつうのは田舎にいた方が素直に出せる感じがすんね。

続きを読む
posted by よっつん at 11:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

木村のかきもち商標変更

ブランド一新し新たな顧客開拓 「木村のかきもち」下野新聞より

ちょっとびっくりしちったよ。
栃木県民が昔から慣れ親しんだ名前が変わちまうんだっつうんだよ。
会社の事情がどんなモンなんかは分かりかねっけど、なんだかちょっとさみしい気もするな。

<記事抜粋>
-------------------------------------------------
 米菓製造販売の木村(宇都宮市南高砂町、木村好夫社長)は三月から、商標を「木村のかきもち」から「下野乃国米菓處 木村」に変更する。包装や手提げ、のれんなどを一新することで、若い世代が手に取りやすい商品イメージと地域密着の姿勢を強調する。
-------------------------------------------------
こういうコトなんだわ。
商品のロゴとか包装の見た目とか看板がどんなふうに変わるのかは分かんねえきっと、「下野乃国米菓處 木村」より「木村のかきもち」の方が若い衆にはウケるんじゃねえのけ?なんて思うのはオレだけけ?

だいいち読みにくいし。
「しもつけのくにまいかどころ きむら」??
そんで言いにくいし。

こりゃもう看板とかがどう変わるかが見所だべな。
だきっとも宇都宮の4号線沿いの看板は友達んち行くときの目印だったんだよな・・・。

木村のかきもち
posted by よっつん at 11:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

栃木県限定お買得車

栃木県限定車栃木ダイハツ販売より

前に実家は商売やってるって言ったきっとも、実は車屋やってんだよね。小山で。(ひそひそ)そんでオレはまぁIT系っつったらいいんかな。だから昼間っからブログの更新なんかができるワケなんだわ。隠れてな。(ひそひそ)
話はそれたきっと、そういうワケで栃木の車情報は気になるトコロなんです。

余談だきっと、栃木弁の人ってひそひそ話を多用してる気がすんだきっと、内緒話が好きなんかな?
posted by よっつん at 19:43| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テコネタ - 標準語になんかにゃかなわないカッコよさを持っているんだよ

栃木弁でラップを歌うバンド、テコふるさと日本のことばより

前にこの記事で取り上げさせてもらった言葉派テコっつう2人組ユニットなんだきっとが、オレもCD持ってるんだきっとがね、どんな人たちかっつうと、ラップのリズムに栃木弁をのせた音楽をやってるんさ。

先ずなんとも田舎っぽい物語があって、そこにリズムにのせた栃会話が入るっつうんかな。栃木県民が「あ〜分かる!」っつう感じなのね。
オヤジ同士の会話だったり、独り言だったり、ご近所だったり、いろんなシチュエーションがあるんだきっと、栃木弁とリズムが絶妙にマッチしてんだよね。

で、音源も良く作り込んであって、聞いてて退屈しないよう話を盛り上げてくれるし、アレンジもカッコいいのね。
そのパートの一つ一つも聞きごたえがあって、よ〜くできてんさ。

その人らのインタビュー記事ね。
posted by よっつん at 15:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

方言コンバータ全国版

全国方言コンバータ

まず最初のページで日本地図が載ってっから。
その中から変換したい土地をクリックすっと、小さいウインドウで文章入力ページが出てくっから、ソコに入力すればいいんさ。

方言変換ページによって色々癖みてえなモンはあっけど、このページのは割とおとなしめなんさ。
posted by よっつん at 12:56| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 方言変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

カエルシンポジウム

カエル通してかんガエル 県博で13日にシンポジウム下野新聞より

「子どもと大人のカエルシンポジウム」っつうのをね、2月13日に県立博物館で開催すんだって。
栃木市カエル探検隊っつう団体さんが主催してて、カエルを通して環境問題を考えようっつうんだってよ。

“かんガエル”なんて洒落で片付けられるコトからは、はぁ逸脱しちゃってんね。

オレも何かとカエルには縁があるっつうか、愛着があっから(ヵヮィィ)内容が気になるトコだきっとも、研究団体2団体の研究発表と講演、それからパネルディスカッションを予定してんだと。

参加無料
問い合わせ : 同博物館電話(028-634-1311)

カエルシンポジウム(Googleキャッシュ)

カエルについてはこっち
日本のカエル
posted by よっつん at 21:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いかんべ共和国

いかんべワクワク探検ここは 大金 いかんべ共和国

ココは栃木県那須郡南那須町の公式サイトなのね。
これは町が暗に独立宣言をしてんだかしてねえんだかはいいとして、サイト名が「いかんべ共和国」っつうんだもん。
ま〜ずたいしたモンだわ。

「いかんべ」っつうのは、言うまでもなく「良いだろう」っつう意味の方言ね。

「ワクワク探検ここは 大金」っつうのはなんだべ!?埋蔵金でもあんのけ?なんて思うかもしんねえきっと、これは町役場のある住所で「おおがね」っつう地名なんさ。
JR烏山線の駅もあって、駅周辺の詳しい情報はココにあっかんね。

ここで感じられんのが、「いかんべ共和国」に町は本気だっつうコト。
右上の写真がそうなんだきっとも、駅前に「いかんべ共和国大統領府」っつうのがあって、町長官邸とかなんかかな?なんて思ったっくれ「観光物産センター・観光協会」だからね。
その他、駅前をメルヘンで統一してあったりなかったりで、新名所をねらってんかは分かんねえきっと、つっこみを恐れない町の姿勢っつうのは伝わってくるんだわ。

この路線でテーマパーク並みに発展してくれればホントに成功だと思うんだきっと、「いかんべ」に「行かんべ」になっちったら悲しいきっともな。なんつって寒いコトを言ってみたりする。
posted by よっつん at 11:28| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

那珂川連邦共和国

那珂川那珂川連邦共和国

黒羽町・湯津上村・馬頭町・小川町・南那須町・烏山町・茂木町っつう那珂川周辺の町村が集まって独立したら那珂川連邦共和国って名乗っつうコトなのかどうだがは知んねえきっとも、上記地域の情報サイトがあるんさ。
「見る・食べる・遊ぶ・学ぶ・買う」がコンセプトっつって、まさにその地域の生活密着型サイトなんだわ。

そもそも那珂川っつう川は清流でも有名で、鮎漁が盛んなんだわ。観光やながいっぱいあっかんね。そんで、それだけにとどまらず鮭の遡上とかもあんだっつうんだよ。それは知んなかったからびっくりしちったんだきっと、合わせて景観も良くってい〜いトコなんだわ。


にっぽん川紀行より : 〜栃木・那珂川〜
過去記事より : 那珂川河川のフレッシュ度
posted by よっつん at 12:39| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

栃木の馬と歯科な歯医者さま

馬と歯科 それは馬鹿

ここは栃木市にある歯医者さんなんだきっとが、とりあえず馬鹿を理解できない人は見ないほうがいいかもしんねえよ。
歯に悩みのある人で、中でも競馬が好きな人は親近感を持てる歯医者さんだと思うんだきっと。見てみ。

この先生の歯科医師と馬券師としての熱い想いのコラボレーション?っつうの?そんなページなんだきっと、ちゃんとEnglish partも用意してあんのがなんともアカデミックだべな。そんでそっちにもちゃんと馬のページ置いてあるし。

続きを読む
posted by よっつん at 18:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木っつえば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。