2006年05月29日

栃木急行電鉄(あったらいいな)

架空鉄道・栃木急行電鉄

「東京から栃木を舞台に、こんな鉄道があったらいいな〜というものを形にしたものです。」
っつう製作者さんのコメントにある通り、ココは全部ちくらっぽの架空の鉄道会社のHPなんさ。
オレも含めて、栃っ子の願望が多分に盛り込まれてるその路線はまさか魅力的だから。

列車種別停車駅案内図

↑こんな路線なんさ。
見てみっと、本線が東京の錦糸町から那須塩原とか大田原の方までを結んでんだきっと、一番の魅力は最寄駅まで徒歩2時間(以上)っつうオレんちの近くにも路線が通ってるコトだわ。長年の夢が叶ったみたいだよ。(ちくらっぽだきっと)

その他にも地元の人間にしか分かんねえような駅名がいっぱいあっぺ。
コレに既存の鉄道を合わせればどんなに交通の便が良くなるコトかと思ったっくれよ、ホントにこんな電車があればイイだきっともなぁ。


架空鉄道・都賀鉄道

↑あと、こういう第3セクターの鉄道会社もあるんだと。
ここまであったら完璧だなや。
posted by よっつん at 18:21| Comment(7) | TrackBack(2) | 栃木ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユーモラスなこと考える方がいるんですね。
見ていてわくわくしてきました。

個人的には、壬生、石橋、上三川、真岡辺りを繋げるような、
横断路線を造れば儲かる気がするんですけど、どうでしょ?
(R352にLRT通しちゃうとか)
Posted by tateno takumi at 2006年05月31日 12:10
おひさしぶりです。
何とも夢のある、壮大な話ですねー。
こんな嘘だったら、喜んでだまされたいです。
いやー、本当によくできてるわ。
Posted by 天和斎 at 2006年05月31日 16:03
>tateno takumiさん

県民の心をくすぐるサイトですよね。
「LRT」って今ひとつ印象が薄いのですが、路面電車と似たようなモノなのでしょうか?
夢が広がります!


>天和斎さん

お久しぶりです。
このサイトでしばらく悦に浸れます。
地元を車で流しながら「ココには○○駅があるんだ〜」とか。
Posted by よっつん at 2006年06月01日 14:41
LRTは「次世代路面電車」って訳されますね。
昔より高性能になってるようです。
(参)宇都宮浄人『路面電車ルネッサンス』
(注:筆者は愛媛の方です。恐らく平安期だか鎌倉期に宇都宮家から分かれた)

宇都宮市で整備計画が出されていますが、
総工費は150億前後らしいです。
まあ、「自動車利便性ではなく持続可能性をとった、
北関東の環境先進都市」なんて箔が付くなら、
個人的には大賛成です。

サッカーファンが「グリーンスタジアムまでLRTで行きたい」
「栃木SCのJ2昇格とセットで整備しよう」
って声を発しているのも聞きますよ。
Posted by tateno takumi at 2006年06月01日 18:50
>tateno takumiさん

なんだか良い計画なのは分かりました(笑
その乗り物があったら、あの辺もずいぶん便利になるのでは。
近い将来にでも是非実現して欲しいですね。
Posted by よっつん at 2006年06月02日 16:48
 ボクも「東武宇都宮駅から那須高原、福島空港まで第3セクター鉄道を」なんてお馬鹿な妄想を考えたこと、ありますねぇ(^ ^) そのまえに東武宇都宮線を複線にしなくちゃだめですけどねん。
 隠れ「てっちゃん」なので・・・。
Posted by さにいぼーい at 2006年06月09日 23:52
>さにいぼーいさん

僕は複線とかまで妄想が広がりませんでした。
「てっちゃん」には程遠いです。。。
Posted by よっつん at 2006年06月12日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

包み隠す「共和国」の斜陽
Excerpt: 「宇都宮餃子共和国」という、餃子店舗を集積させた テーマパークが宇都宮の簗瀬にあります 私はまだ行ったことがないです しかし、1年も経たずに店仕舞いだそうです (2006年5月30日 下野..
Weblog: esoshu
Tracked: 2006-05-31 12:10

地元の方に紹介いただきました
Excerpt: 栃木県の方々が集まるブログで、栃木急行電鉄を紹介していただいたようです。 しかも、好意的なコメントがたくさん付いています。 これだけ、地元の方から反響があるとは思ってもいなかったことですので、大変驚..
Weblog: Tochikyu Blog
Tracked: 2006-06-13 01:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。