2006年11月21日

栃木弁会話 Part 41 と Part 42 を合わせてどうぞ

栃木弁会話41栃木弁会話42まいぷれ那須より

今回は一挙にふたっつを取り上げさせてもらうべ。
何かとブログから遠ざかってたら前回のを見逃しちったんだきっとな。

一回にいつっつずつ話が載らさってっからよ、二回まとめて十個も話さ読んじゃっちゃはらくちよかんべ。
オラちのブログもそうだきっとが、文面が方言で書いてあったっくれ読むのがケッコウ骨折れるんだわ。
自分で書いてて自分で読みずれなーなんて思うもん。(オレの文章力には目をつぶってくろ)

まいぷれさんの栃木弁会話は訛りのトコが赤くなってっから方言と他の部分の区切りが明確で見やすいきっとが、オラんトコはそんな区切りも無えから、方言を分かってねえと文をドコで切っていいのかすら分かんなかったりすんだよ。
例えばちっと上に出てきた「はらくちよかんべ」。
「おなかいっぱい」っつう意味だきっと、「〜は、らくち〜」っつって目が通っていっちゃうコトもあると思うんさ。


まぁその読みづらさも方言のニュアンスだと思うきっと。
posted by よっつん at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27956350

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。