2007年09月19日

栃木弁会話 Part 54 ・ 55

栃木弁会話54栃木弁会話55まいぷれ那須 より

ここんとこまーずせわしなくってよ、上の会話の中のばーさまじゃねえけっとはーこわくってこわくって、更新もサボってるうちに上の会話ははー2回も更新しらさっちった。
夏も終わりになってっくっと盆だの祭だのレジャーだのの話が多いけっとが、オラ今年は夏らしいコトなんてなーんも無かったなや。

↓↓↓ 気になった言葉 ↓↓↓

Part 54 - 5番目 より
「いぎめど」 -> 「息の穴」 -> 「のど」
から
「いぎめどつまっちゃーべ」 -> 「息が止まる」
っつうコトでイイんだんべか。
外国語とおんなじでニユアンスが大事だかんな。
posted by よっつん at 18:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

お隣茨城の農業に関する方言集

茨城県 農の方言集
農場や農作業などに関わる茨城の方言(主に県西地方)を集めてみました

お隣茨城の方言ページな。オラほともほとんど変わり無えモンな。
農業に関する言葉だから方言っつうよりは業界用語っつった方がいくらか収まりがイイかもしんねきっと、地元の農業従事者じゃなくったって野良育ちにゃ聞き慣れたのもいくっつかはあんべ。
ほんでページも下の方さ進んでいくとローカルの慣わしとか農村の常識なんてのも載っててよ。これがまた分かっちまうオレも野良坊だべな。
posted by よっつん at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

栃木弁会話 Part 53 ちっとばっか わすら 考

栃木弁会話53まいぷれ那須 より

端っから会社の昼休みにわすらしてんだべっつう話だきっと、この「わすら」っつう言葉もよくできてっとな。
改めて説明する言葉でもねえきっと、意味を言ってみたっくれケースバイケースで一言じゃ言い難いトコがあっぺよ。
この会話での場合はマイタイムっつってしこばってみんのもよかんべけんど。

「わすら」っつっただけじゃ意味が広すぎてよ、先に言ったみてえにケースバイケースで意味が曖昧になりがちだけんどが、(慣れてる人には一言で言いたいコトが通じるきっとも)「手わすら」とか「火わすら」みてえにエレメントさ加えっコトでその意味を明確にすっコトも可能だべ。この2っつのわすらはよく聞かさる馴染みの深いモンだきっと、他の組み合わせで更にいまっと表現が可能な凄ぇ言葉なんじゃねえんけ、って思ったんさ。
posted by よっつん at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

佐野弁バンザイ

[佐野市の紹介-佐野弁バンザイ]佐野市ホームページ より

佐野市のホームページさ見っと、佐野近辺で使われてる方言を解説するページがあるんさ。
森下喜一っつう栃木弁の研究等で有名な先生が、毎回一っつの方言の使われ方とその由来をよーく解説してくれるんさ。
月一で今現在も連載中だからよくチェックしてみっぺや。

「子守り」をオトモリといった
なにがコワイの?
風呂をセーフロといった
むかしは共同で作業することが楽しみだった
蝶々はむかしから親しまれてきた

今まで何気なく使ってた方言も何でそういう言葉になったのかが分かったっくれ歴史を感じっぺや。
posted by よっつん at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

栃木弁会話 Part 52

栃木弁会話52まいぷれ那須 より

はー52回にもなんだ。随分やってっとな。
話さ地元っからサンプルしてっから臨場感のある会話だわ。

ここの会話の中にもあるきっと、やっぱり運動会っつったらドコんちでもおこわふかすモンだよな。大抵はごましおが付いてくっぺ。
その中に入ってるあの塩の塊がしょっぱすぎてオラ昔っから苦手でよ、いっくら濃い味が好きな県民性だっつったってどんだけ?

ちっと用途が違ってっかもしんねきっとオラ田舎モンだから愛嬌な
posted by よっつん at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

栃木弁会話 Part 51

栃木弁会話51まいぷれ那須 より

ネコめのご飯さ「カリカリ」って言ってるけっと、話の中のとうちゃんとかあちゃんはキャットフードなんてしこばった言い方はなんだか馴染めねえんだか、エサっつうのもなんだか味気ねなーとか思ってるんだか思ってねえんだか、とにかくしっくりくるんだべな。
コレは別に方言じゃねえんだきっともが、例えば腹筋のローラーはコロコロだし、カーペットの上の埃さ粘着テープで取るヤツもコロコロだし。(オレの中で)ホントのトコの名前がよく分かんねえモノもそんな風に呼ばったりすっぺな。
そういう俺弁みてえな言葉は田舎に限らず使うけんども、「猫のご飯」っつうオブジェクトに対して固形のキャットフードさかじる擬音の「カリカリ」っつう名前を当ててんのが妙に純朴に感じて荒んだ心が和んだんです。
posted by よっつん at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

栃木弁会話 Part 49 と 50 まであがらさっちったわ

栃木弁会話49栃木弁会話50まいぷれ那須 より

いつもお世話になってる栃木弁会話、今回は2回まとめていくどっつうのは更新サボってたのがいけねえんだけっと。
この会話集っつううのは実際に地元で聞いた会話をサンプルしたり、投稿してもらったのを載せてんだと。
先ず、文章を読んだっくれオラ「??」ってなるんさ。特に赤で色が付いた部分がな。要点だべ。
まさかネイティブの会話は難しなやーって思うんだきっと、(頭の中でもイイから)口語にしてみたっくれ意味がスラスラと分かるんだよな。
不思議なもんでよ、口で憶えているんだわ。方言も習うより慣れろだわな。
posted by よっつん at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

栃木弁会話 Part 48

栃木弁会話48まいぷれ那須より

今回は国際交流の話が載ってっぺな。
オレもアメリカ人の義叔父がいるんだきっとも、日本の暮らしが長かったから日本語は完璧なんだけどが、おじちゃん、おばちゃんらの話はあんま聞き取れねえっつってたわ。確か。
ダニエル・カールでもなけりゃ方言は難しかんべな。
ハグとか挨拶の握手っつうのも逆の意味で難しかんべがよ。
posted by よっつん at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

栃木弁会話 Part 47

栃木弁会話47まいぷれ那須より

こんだもまー地元の人の生活がよく分かる会話だんべな。
田舎の組内とか行ったっくれこういう話してっからな。偏見かもしんねきっとケッコウ合ってたりすっぺ。
特にパチンコ好きな人なんかチューリップっつったらソレだかんね。
真ん中の開くヤツのコト。最近は聞かなくなったきっとも確かにそんな気がしてオラなんでか知んねきっと妙に懐かしくなっちった。

何言ってっか分かんねと思うきっとソレに相槌打つのが会話でよ。大体皆そんなモンだべ。こないだの彼岸、おじちゃんと話してたオレが正にソレだよ。
posted by よっつん at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

栃木弁会話 Part 46

栃木弁会話46まいぷれ那須 より

こんだもまー色んな状況でも会話が載ってっとな。
ホント今年の冬はあったかかったから、オレも今っから夏の野菜の値段が心配だよ。
水源が水不足になったっくれ高くなんだべな。

最後の会話の中にあるけどが、「こんだだいじだ」コレよく使わさる重要フレーズな。
意味は解説の中で説明されてっけど(県民には説明するまでもねぇけどが)、コレが自然に口から出てくるようになったっくれはー立派なネイティブだわ。
posted by よっつん at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

栃木弁会話 Part 44 ・ Part 45

栃木弁会話44栃木弁会話45まいぷれ那須より

いつ読んでもこのコーナーの会話は「あるある」って思えて面白えきっと。
ちっと更新サボってたっくれ2回も新しいのが上がさってんだもん。
オレもちっとは見習ってマメになんなくっちゃいけねえぞな。

Part45の頭で肉が4枚入ってるバーガーにまつわる話が載っているきっとが、聞き手のおばやんがパチンコ屋の名前と勘違いしちゃってんべ。
そういうローカルニュアンスがこてらんねえんだきっと、あのバーガーの広告とリアルのギャップったらなかんべよ。
posted by よっつん at 17:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

栃木弁会話 Part 43

栃木弁会話43まいぷれ那須より

去年はこの栃木弁会話をまとめた本が発売になったきっと、オラげのブログの事も載せてもらったりしてホントお世話になったわ。

ほんで今回、会話毎にイラストが付いてるきっと、近頃のバックナンバーの絵柄とは違ってっぺ。編集部に職場体験に来た中学生が描いたヤツなんだと。
なんともカワイイわな。
posted by よっつん at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

テコの新しいアルバム

言葉派テコ

前にもオラちのブログで取り上げさせてもらってっけど、この「言葉派テコ」っつうグループは栃木弁を音楽に乗せたCDを出しているユニットなんさ。
いなかの日常を切り取ってきたような会話調の曲なんだきっとが、栃木弁の持ってるえもいわれねえリズムが実にグルーヴするんだよ。

で、そのテコが今度の12月1日に新しいアルバム(6年ぶり3枚目)をリリースするんだと。昔っから聞いてる人は待ちわびたんべ。
公式サイトみても分かるとおり、実ははぁ先行予約が始まっててよ、オラ早々にゲットしちったんだきっと。

「メランコリック・シティ」っつうタイトル通りになんとも田舎ブルー。
2枚目の「生きる」もよっぱら聞いたきっと、2枚を比べてみたっけ、どっちも収録曲の印象がアルバムタイトルに忠実な感じがすんな。

音源はまさか繊細になってた。

<関連>
栃っ子ブログ : 言葉派テコ
posted by よっつん at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

栃木弁会話 Part 41 と Part 42 を合わせてどうぞ

栃木弁会話41栃木弁会話42まいぷれ那須より

今回は一挙にふたっつを取り上げさせてもらうべ。
何かとブログから遠ざかってたら前回のを見逃しちったんだきっとな。

一回にいつっつずつ話が載らさってっからよ、二回まとめて十個も話さ読んじゃっちゃはらくちよかんべ。
オラちのブログもそうだきっとが、文面が方言で書いてあったっくれ読むのがケッコウ骨折れるんだわ。
自分で書いてて自分で読みずれなーなんて思うもん。(オレの文章力には目をつぶってくろ)

まいぷれさんの栃木弁会話は訛りのトコが赤くなってっから方言と他の部分の区切りが明確で見やすいきっとが、オラんトコはそんな区切りも無えから、方言を分かってねえと文をドコで切っていいのかすら分かんなかったりすんだよ。
例えばちっと上に出てきた「はらくちよかんべ」。
「おなかいっぱい」っつう意味だきっと、「〜は、らくち〜」っつって目が通っていっちゃうコトもあると思うんさ。


まぁその読みづらさも方言のニュアンスだと思うきっと。
posted by よっつん at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

栃木弁会話 Part 40

栃木弁会話40まいぷれ那須より

オラちのブログは近頃めっきり更新が遅れっちゃっててだらしねえモンだきっとが、こっちはは〜40回目になんだと。
実際の会話をサンプルしてるっつうから妙にリアルな内容だきっと、こんないっぱいよ〜く集めてきたどな。
ただ文章を方言に変換するだけなら割かし簡単にできっけっとが、外国語とかでもそうだんべ。ネイティブのニュアンスっつうのは喋り慣れてなくっちゃ分かんなかんべな。
そーいうトコだぞな。
posted by よっつん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

トチギ弁講座

トチギ弁講座 【あ行〜か行】【さ行〜は行】【ま行〜わ行】天香國色 より

辞書みてえにアルハベットさ使った発音が載らさってんのが本格的な栃木弁講座なんさ。
一語ごとに意味・使用頻度・使用例っつって続くんさ。
仕様頻度のトコロ見てみたっくれ5段階の評価なんだきっとが、その値が3っつっくらいでもネイティブ色の濃どいディープな言葉とかあったりすんのが面白えんさ。
使用例見て喋ってるトコロを想像してみるんさ。
posted by よっつん at 18:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

栃木弁会話 Part 39

栃木弁会話39まいぷれ那須より

近頃更新サボっちゃってっけっと、はー39回目が上がらさってっかんね。
「とーみぎ」っつうか「とうむぎ」っつうかトウモロコシの話あるきっとが、オレもちっと前に田舎帰ったトキにお裾分けのとーむぎをよばれたんだきっと、畑からもぎってきたばっかりのヤツの茹でたてはまさか美味かったわ。他にもミョウガとかモロヘイヤとかももぎってくるきっと、買うと高えどな。
posted by よっつん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

まったく役に立たない栃木弁教室

まったく役に立たない栃木弁教室いまいち同盟 より

まったく役に立たないっつってっ書いてあっけどが、見てみたっくれケッコウ雰囲気出てっと思きっとな。
元サイト名にもあるよーに今市方面がメインの栃木弁をまとめてあるんだきっともが、オラこのページさ書かさってるのは宇都宮周辺から県東っくれーの地域の感じがすんなや。
<基礎編> <応用編> <栃木ネイティブも真っ青!?編> っつって難易度が分かれててよ、追うほどにディープな言葉になってくんだきっとが、それこそ聞き(話し)慣れてるネイティブには簡単なモンだべ。
posted by よっつん at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

広場っつうほどじゃねえきっとも栃木方言広場

栃木方言広場日本の方言

ゲン太くんとホウ子さん(→)の会話を聞きながら、学んでいこう!!
っつうページだきっと、まぁ全国の方言でみじっかい会話をしてる中の栃木弁版な。
全国分あっから他の方言のページさ見てみんのも良いかもしんね。
ちゃんと標準語に変換できるようになってっからな。

ココのサイトにゃ他にも方言に関する色んなページるんだわ。
トップページ見てみたっくれ左っかわにメニューが出てっぺ。
その中にアクセントについて載らさってるページとかもあるんだきっと、栃木の辺りはご存知の通り無アクセントな。
同音異義語のアクセントの違いが無えようなコトな。

「オラはーかまねんだ。別にソレで困ったコト無えし」
posted by よっつん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

栃木弁会話 Part 38

栃木弁会話38まいぷれ那須より

こないだ栃木弁会話の本でお世話になったきっとも、本も無事発売んなってひと段落したんだべ。久しぶりに新しいのが上がってっぞ。

--ここからネタバレ--
ほんでもこの会話の中で「おごれ〜」っつってるきっと、久っしぶりに聞いたわ。
オレも忘れかけてたきっとも、ちっちゃい子らなんかお店屋行ったっくれ「くーだーさい」って言うべな。今の子らはどうなんだか知んねきっと。
おじやんとかの場合「おくれ」って挨拶して、ソレが訛って「おごれ」になんだべな。
「奢れ」と勘違いしはぐっちった。

<関連>
ごじゃっぺこくでね〜 栃木弁大全集
posted by よっつん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。