2006年06月14日

雨ニモマケズを各方言で読んでみたっくれ

雨ニモマケズ 各方言バージョン『にほんごであそぼ』の勝手に応援ページ より

おなじみ「雨ニモマケズ」を色んなトコの方言で読んでんだわ。
オラほの栃木弁はページを下〜のほうにスクロールしてって、中段っくらいにVer.1、Ver.2っつって2っつあっから。
栃木以外の方言も読んでみたっくれ、ちょっとした旅情があって面白えからね。
posted by よっつん at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

らいさま一っつとってみても色んな方言があるんだなや

雷の方言いろいろレッツ方言! より

近頃はらいさま多くなってきたな。
オラちブログの更新は反比例して少なくなってきてんだきっともな。
昨日は東京でもずっとらいさま鳴っててよ、こういう季節には涼しくってオラ好きなんだよな。
蒸し暑くって5月病も治んねえうちにはー夏バテだもん。
そんなトキはらいさまでザーっと雨降らさっと気持ちよかんべな。
それにノスタルジイも加わっからいや、こてらんね。
合わせてカエルの声も聞きてえな。
posted by よっつん at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

かなりネイティブな栃木弁一覧

とちぎの言葉早わかり表buon より

オラ見た感じ、県北の方の言葉だと思きっと。
”とちぎの言葉”の虜にさせるのが使命という筆者さんの言葉とおり、ここ読んでっと方言の泉が湧いてくるような感覚が(ネイティブには)あるんさ。
方言一覧表は単語と文がごっちゃになってるきっと、それぞれの方言のすぐ右っ側に訳・解説が書いてあっから、知らない人にも分かるし、忘れちゃってる地元の人にも分かりやすいから、心の中でつぶやくだけでもいいから実践してみっぺな。
ここさ書いてある方言を全部すらすら〜っと話せたら、かなりのネイティブスピーカーだべな。
posted by よっつん at 18:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

栃木弁チャット

栃木弁チャット

とーと更新が遅れっちまってっけど、連休前の忙しさから一転、今度は5月病も視野に入れてダラダラしてたっくれぶっちめられっちゃーからシャキッとしねえとな。
そんで上のサイトだきっとが、その名の通り栃木弁で話さするチャットなんさ。
ここで愛郷の心を炸裂させんのもよかんべが、自分の栃木弁を試してみんのもまたよかんべな。
普段通りの会話をキーぶてばだいじな人とか、頭ん中じゃネイティブ言葉でソレをトランスレーションしてっから口に出す(オラ近頃なんだかそんな感じなんだわ)人とか、思い思いの栃木弁をぶってチャットすんだべな。
posted by よっつん at 18:21| ⛄| Comment(7) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

Tochigi dialect

Edo Investigates: Tochigi-Benedochan.com

how to make yourself understood in the land of the Venus Gyoza
餃子ビーナスの国での意思の伝え方

っつって外国のページに栃木弁が紹介されてるんだわ。
オレも英語はよく分かんねえから中身の方までは読んでねえきっと。
ちっと見てみっと、なんだか発音とかイントネーションとか色々と英語で解説されてるみてえなんだ。
posted by よっつん at 18:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

わすらすんなっつうけどよ

http://www.aisetsubi.com/wind/2001-02.htm

上のページさ見たっくれ気になる表記を発見。
ページの真ん中あたりに「和寿楽(ワスラ)」っつって見っことができると思ーんだ。
わすらっつったら栃木の人にゃおなじみだきっと、「〜遊び」とか「いたずら」とかそんなニュアンスの方言だべ。
漢字であー書くんかと思って色々とググッたりしてみたんだきっと、他にソレらしいページねえんだよな。
単なる当て字っつうコトもありうるきっと。
詳しい人いねえけ?
posted by よっつん at 18:51| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

ネイティヴスピーカーの会話集

BANCHO'S ACADEMY
ネイティヴスピーカー、ばんちょが贈る由緒正しいとちぎ弁講座

栃木弁の話者が栃木の方言を解説してくれっかんね。
実際の例文に対訳を付けて、いくっつかの会話があるんさ。
例文にリンクが付いてっとこがあるんだきっと、ソコクリックすっと音声ファイルが開いて実際の発音まで聞けるんさ。

い〜や、改めて聞いてみっと栃木弁っちゃなんとなくグルービーだべな。
コレ聞いて是非ネイティブタングを手に入れてくんろ。
posted by よっつん at 19:04| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

栃木弁会話 Part 37

栃木弁会話37まいぷれ那須より

県北のリアルな会話集、栃木弁会話の37回が上がったっせ。
いや、毎回感心しっちゃーなと思うんだきっとがよ、栃木弁らしい栃木弁だっぺな。ソレが上ん手く伝わってくんなぁと。まぁソレはオレが県南の人間だからなんだべな。
北・央・南で訛りが違ってくんのは敬虔な栃木県民の皆さんならご存知の通りだべ。そっからさらに細っかく分けたっくれ大変だきっとが。

そんでココで一っつ。
県北の方って「〜だきっと」とか「〜っくれ」とかって表現は使わねえんかね?オレが日常的に聞いてた言葉とは違うからあんまり分かんねえんだよな。どうなんだべ。

ソレは属する言語圏が違うから云々っつって聞いたコトがあるような気がすんだきっとも忘れちった。まぁ小むつかしいコトはよかんべ。
posted by よっつん at 18:15| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

栃木弁会話 Part 36

栃木弁会話36まいぷれ那須より

はぁこの第36回が上がってっからしばらく経つんだきっともね。
だってもう「new」のマーク付いてねえもん。
この最初の会話で(ネタバレ)じさまが鳥を見てる人に向かって「くろっていうんだわ」っつってっぺ。
意味は「頂だいって言ってる」っつう意味だきっと。そんでソレを聞いた人が「クロ」っつう名前だと勘違いしっちゃってぺな。
コレ、実はオレも勘違いしっちゃったんだよ。
2〜3秒間っくらいな。
そしてっから「あ、あーね」っつって意味に気付いたんさ。

気持ちに隙があったんだべな。
コレがテストだったら簡単なミスで点逃しちゃってっせ。

他にも今回はまいぷれさん読者さんっからの投稿文もあってよ。
まぁ読んでみてくろ。
そしてリアルな栃木弁を感じてくろ。
posted by よっつん at 19:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

U字工事のニュウスなんさ

世代問わず受ける正統派漫才コンビ「U字工事」Yahoo!ニュース - エンターテインメント より

近頃はすっかり有名にならさった栃木弁全開の漫才コンビ、U字工事の記事なんさ。
コンビ結成の話とか、そういう沿革がよ〜く書いてあっから。
小話のひとっつでも読んでみたっくれ、なんだか垢ぬけねえホノボノした感じがするんさ。

ネタが見てえ場合は、↓に動画があっかんね。

きのこ狩り(U字工事)(約6分)
受験生(U字工事)(約6分)
共に Yahoo!動画/U字工事で検索した結果 より

まったく笑っちゃーべ。
前にオラちのブログでも一個動画を紹介したきっと、そっちは配信期間が過ぎちゃってるからはぁ見らんねえけど。
↓のリンクがその記事な。

栃っ子ブログ : 安らぎの栃木漫才・U字工事

今年は世代を問わずブレイクしそうだっつうし期待大だなや。

posted by よっつん at 19:04| ☁| Comment(24) | TrackBack(2) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

コデランネとちぎ

コデランネとちぎ

栃木弁のCDなんだ。
「コデランネ」っていうのは「こたえられない・たまらない」っつう意味の方言な。

先週末田舎帰ったトキに、すげぇ久しぶりに宇都宮のオリオン通り行ってよ。
ちっと見なかったっくれずいぶん変わってたわ。あすこもオレの歳じゃはぁキビしくなってきたな。

・・・・・

そんでソコにCD屋あっぺな。ソコで買ってきたんさ。
コレは栃木でも県北の方言でよ、オレなんかは県南出身だもんだから、まっさか分かんねえのも多いんだよ。
嶋きんぞうさんっておじやんが歌を歌ってるんだきっと、かなりの猛者でよ。

前に栃木弁ラップのCDは買ったんさ。
コレのメインは県央の方言でよ。

言葉派テコ

コレだったら耳馴染みの言葉だな〜なんて思うんだきっとが、いや、まさか県北まで行っちゃーと、・・勉強が必要だったりするよ。
分かんねえ言葉とかも少しあったりでよ。
あと、方言じゃねえんだけど「山帰り」っつう言葉がでてくるんだきっとが、コレも県南の人間にゃ馴染みが少ねえわな。

山関係で言うと「山学校」っつう言葉も県北にはあっぺ。

栃っ子ブログ : 栃木弁会話 Part 25

上の記事で書いているんだきっとも、学生が学校をサボっても山くらいしか遊ぶトコがねえから、学校をサボって遊び行っちゃーコトを「山学校」っつうんだってよ。

まさか同んなじ県内でも言葉っちゃ色々と違ってくるんだわ。

でもな、やっぱ方言を使っていくうえじゃコレっくらいの会話が自然にできるようにはなりてえなぁ。って感じました。
「言う言う」って感じで楽しいCDっだったわ。
posted by よっつん at 20:44| ☀| Comment(9) | TrackBack(1) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

冷静に栃木弁を眺めてみたっくれ

栃木弁は微妙な言葉

県外の人と話したりすっとき、自分じゃ訛んねえで話してるつもりなのに唐突に郷を聞かれたり、訛ってるねなんて言われたりしたコトある人いるんじゃねえんけ?
オレもその一人だったりするんだきっとも、今更郷の訛りなんて気にしてねえし、むしろ愛してっから全然かまねえんだけどよ。
栃木県人が自分じゃ標準語を話してるつもりでも、県外の人にはソレが妙に違和感を持って伝わさるっつうのはよくあるコトみてえなんだわ。
(オレは実際に字で訛りを書いてるきっともが)大部分の栃木弁っつうのは紙面じゃ標準語と変わんねえんだよな。イントネーションの違いだけだったりしてよ。
加えて生活圏が首都圏だから、メディアから聞こえる言葉は標準語がほとんどだったりすっから。言い方悪りいけどが“勘違い”が入っちまうコトもあんだよな。
いざ標準語を話すとなっと、なかなかうんまくいけねえんだよ。

それがダメだとは微塵も思わねえんだけどな。
逆に場を和ませなりもすっぺ。

栃っ子ブログ : 野木町のひまわりフェスティバル

↑ココのページでちっと触れてるんだきっとも、彼のつぶやきシローは心理学部出身らしくって「栃木弁の音は、人の心を落ち着かせる効果がある」っつうコトを研究してネタにしたっつうし。
結局ぼくが言いたいのはね、南東北なんて言われるけど、やっぱり関東だったってコトなのね。

なんだかね。
posted by よっつん at 19:35| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

栃木弁会話 Part 35

栃木弁会話35まいぷれ那須より

まさか見事な方言だべ。
コレ読んでたっくれ、オレもたまに解説読まなきゃ意味が分かんねかったりすっときがあっかんね。
基本的にこのページさで書かれてる会話っつうのは那須とか県北の方の方言だべ。オラ県南出身だから。どーも噛み合わねえコトがちぃっとな。
例えば下の方の「ぼっとすっと」=「ひょっとすると」は耳馴染みが無えかも。
同んなじ栃木県内でも、地元の人には馴染みの言葉に新鮮味を感じれたりすんのがよかんべ。
posted by よっつん at 19:16| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

栃木弁会話 Part 34

栃木弁会話34まいぷれ那須より

このページの最初の話を見てみたっくれたまごっちの話をしてるきっとも、近頃またブームが再燃してんだべ?
詳しくは分かんねえんだきっともが、はーとうと前に流行ったんべな。
当時もオラ持ってなかったからコレ以上は何も言えねえんだきっと、そういやその第一次ブームんトキよ、弟が持ってたヤツを傍で見ながらオレもこのページのじいさまみてえになってたな。

はぁそのブームからもう10年っくれー経つのか・・・。
20年前はエリマキトカゲの真似して遊んでたしな。
なんだか早えな。
posted by よっつん at 17:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

栃木弁会話 Part 33

栃木弁会話33まいぷれ那須より

はー33回目だと。この栃木弁の教科書的会話。
実際に聞いた話を作ってるっつうんだきっともが、よーくこんんだけ見つけてくるよな。
大したモンだわ。

このページの上から4っつ目
ある 会社の同僚的会話から

ガガンボ

あの足の長ーげえデッカイ蚊トンボな。便所とかによくいっぺ?
コレ久しぶりに聞く言葉だなぁーなんて思って、最近はとーと見かけねえなぁなんて耽ったんだきっとも、よーく思い出したっくれ実家帰るたんびに出合ってっかんね。
ノスタルジィを早とちりしちったよ。

そんで、このガガンボ、どうも「蚊が姥(かがうば)」が訛った名前らしくって、コレは全国共通の正式名称らしいんだわ。

ガガンボ等の仲間虫注意

いっぱい種類もいっぺ。
方言じゃねかったんだわね。
posted by よっつん at 19:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

「だいじ」の由来

OKWeb 栃木の方言「だいじ」の由来

こぉんな気になるページがあったんさ。
2件だけ回答があってよ、オレもその1件目の回答で今までは疑ってなかったんさ。

 「だいじょうぶ」が訛って「だいじ」ってな。

だきっとも、回答2で、

 「だいじか?」→「おおごとではなかったか?」

っつうオレにとっちゃ新事実が書いてあったんだよ。
(でもそれだと「だいじ!」って元気良く答えたら「おおごと」だったコトになんねえべか?)
回答の自信度は2っつとも“自信なし”なんで確信はねえみてえなんだきっとも。

コレを詳しく知ってる栃木の人っちゃどのくらいいるんだんべ?
(回答によれば「群馬でも西日本の方も…年齢が上の方は使います」とのコト)

posted by よっつん at 18:55| ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

栃木弁写真集

栃木弁写真集栃木のことば より

栃木弁の写真集ってなんだい?って思うかもしんねえきっとも、
コレは書いてる文面まで栃木弁(オレだべよ)になっちったっつう例の写真。
ちくらっぽで面白えっつうんじゃなくって、おそらく素で書かさってっから、見てて妙に和むんだわ。

其の1
 母音イとエの混同 : 「メ」→「ミ」
 文面でも訛っちった分かり易い例

其の2
 母音イとエの混同 : 「メ」→「ミ」
 其の1と同じ場所でソレもう1枚

其の3
 母音イとエの混同 : 「まえり」→「参り」
 分かりずらいかも 本文6行目の頭

其の4
 「あげない」→「くれない」
 難易度高め 地元の人間はスルーしそう

なんだか和むべ。コレに郷愁を感じた栃っ子はオレだけじゃねえはず。
普段は気付かねえコトかもしんねえきっとも、注意して色んなトコを見てみっと、ケッコウありそうな気がすんね。
何かあっぺか?

ネタ元はお馴染みの「栃木のことば」でよ、このサイトは栃木弁についてよ〜く書いてあっから。他のコンテンツもまさかタメになっからね。
posted by よっつん at 18:41| ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

栃木弁会話 Part 32

栃木弁会話32まいぷれ那須より

今回のは、県外の人とかにしてみたっくれちぃっと難しいかもね。
(っつうか自分が書いてる駄文も県外の人に通じねえべ)
どんなモンなのかっつうと、方言の難易度が高いっつうんかな〜。
特別目立つ方言じゃねえんだきっとも、普段から聞いてねえと用途が分かんねえような、そんな言葉が多かった気がすんね。
posted by よっつん at 12:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

安らぎの栃木漫才・U字工事

Yahoo!動画 - お笑い劇場 - 新聞の勧誘(U字工事)
公開期間 : 2005年2月28日〜2005年8月27日

地元の人ならすんごい分かるトコとか、とにかく見てみっぺ。
栃木弁はもちろんだきっとも、地域社会っつうのも垣間見れるっつうか、栃木の人じゃなくってもコレを見たっくれ田舎に帰りたくなるっつうか。懐かしくなるっつうか。
実際地元の友達とかあのまんまだったりすっからねぇ。

ブログもU字工事ページ より
posted by よっつん at 13:53| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

栃木弁会話 Part 31

栃木弁会話31まいぷれ那須より

また新しいの上がってたど。
こういうのっつうのは、方言もそうだきっとも栃木特有の言い回しとかも面白えんだわな。
地元のヒトじゃねえとちぃっと厳しいトコもあったりするんだきっともが、各会話の下にちゃんと解説されてっからソコを読めば大体理解できるんだわ。

方言っつうのも知らねえヒトにとっちゃ難敵でよ、オレも良く分かんねえ言葉とかもあんだよ。
言い訳するきっとも、ここに上がさってる会話は県北で聞いたヤツっつうコトだから、県南(オレは小山)の人間は知ってねえコトもあったりするんだわ。
口すっぱいきっともが、栃木の方言も県内で細かく分けっと地域によったっくれだからね。

【こそっぱい】
 (食べ物が)綿ばっていてモサモサする

【かべっかす付く】
 垢等がついてべっとりとした様子

とかがね。分かんなかったんだわ・・・。

<参考>
栃木のことば
posted by よっつん at 12:32| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 栃木弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。